Skip to content

地域芸能と歩む

地域芸能の現場をフィールドワークする 第2回(伊江村)

フィールドワーク&対話プログラム

地域芸能の現場をフィールドワークする 第2回(伊江村)

インフォメーション

第2回 「伊江小学校×坂元小学校 子ども芸能交流会 」

日時 2020年2月13日(木)
第1部 10:30〜12:00 「伊江小学校×坂元小学校 子ども芸能交流会」(集合 10:15)
第2部 16:00〜19:00 「伊江村 タウンミーティング」(集合 15:45)


会場 伊江村立伊江小学校(沖縄県国頭郡伊江村字東江前364)※ 駐車スペースはあります

定員 10名

参加費 無料(要事前申し込み)。

こちらの申し込みフォームからお申し込みください。

※ 伊江村へは、沖縄島・本部港と伊江島・伊江港を結ぶ伊江フェリーでお越しください。

 「本部港−伊江港」(始発) 本部港 9:00発
 「伊江港−本部港」(最終) 伊江港 16:00発

 伊江フェリー 運行表

※ 第2部に参加予定の方は、伊江村内でのご宿泊の手配を各自でお願いいたします。

 伊江村内 宿泊施設一覧

概要

今年も「子ども芸能交流会」を伊江島と宮城県山元町で開催します。伊江小学校5年生と宮城県の坂元小学校4年生がSkypeを介して行う「子ども芸能交流会」は2年目になりますが、今年は両小学校の教職員と保護者、地域住民が主体になって行います。

2度目の今年は、学校や地域が大学や研究者に依存せず、また大学や研究者も学校や地域住民に依存せず、お互いがアイデアを出し合い、大人も子どもも、そして地域も「わたしたち、生きてるね!」と感じられるような会にするため、時間をかけて交流会の準備をしてきました。

今回も子どもの力、そして教職員、保護者の力、地域住民がもつ力を信じて、参加者が一体となって楽しめる会としたいと思います。

午後には、「伊江村タウンミーティング」と題して、大人の参加者たちによる振り返り会を予定しています。

プログラム

今回のフィールドワーク&対話プログラムは、2部構成で開催します。

まず、午前の第1部では「伊江小学校×坂元小学校 子ども芸能交流会」(フィールドワーク)を参観します。午後の第2部では、午前中に参観した「子ども芸能交流会」の感想を持ちよって、参加者による対話プログラム「伊江村 タウンミーティング」を実施します。

  • 第1部 10:30〜12:00 <フィールドワーク>
    「伊江小学校×坂元小学校 子ども芸能交流会」
  • 第2部 16:00〜19:00 <対話プログラム>
    「伊江村 タウンミーティング」

ファシリテーター 出野紀子
参加・協力団体  伊江村立伊江小学校(5年生)
         山元町立坂元小学校(4年生)
         伊江村民俗芸能保存会
         坂元神楽保存会、中浜神楽保存会(宮城県亘理郡山元町)